Job Training

大阪府福祉専門職のキャリアサポート

今の福祉に幅広い知見を持つ、
ゼネラルでスペシャルな福祉人材を育成することが、
未来の福祉に不可欠だと私たちは考えています!

勤務年数に応じた、充実した研修を積むことにより、
高度なキャリアを形成することができます。

「ジョブローテーション制度」での幅広い経験が、
後の専門的なキャリア形成の手助けになります。

「相談系」と「施設系」の職場、「出先機関」と「本庁」、「児童福祉」「障がい福祉」「女性福祉」等、福祉に関する分野を3〜4年ごとに経験することで、福祉専門職としての幅広い知見と経験を積むことができます。
その後、本人の適性や希望等を考慮して、より高度な専門性を身につけてもらいます。
様々な経験が、キャリア形成と明確な将来のイメージづくりに有意義な効果を生み出すと考えています。

「ジョブトレーナー制度」で、
新規採用時も心強いフォローで後押しします。

大阪府では、新規採用の後、約1年間は、先輩職員が「ジョブトレーナー」として実務面のサポートを行います。
先輩職員として、様々な不安に応えて良き相談相手になりますので、安心して仕事に取組めます。

先輩職員が「ジョブトレーナー」として実務面のサポート

豊かな人材育成制度を経て、歩む未来のキャリアパス

上記の人材育成制度を経て経験を積んだ先輩職員たちのキャリアパスはどんなものか。
実際の職員の例を参考にしてみてください。

先輩職員が歩んでいるキャリアパス

Join us

「誰かの役に立ちたい」
「困っている人を助けたい」
そんなあなたは、福祉の仕事が天職かもしれません。

私達と一緒に大阪の福祉を盛り上げませんか?
気になる方は、まずは採用情報をチェック!

採用情報