Job Information

採用について

私達の求める人物像、そして勤務条件を掲載しています。
大阪の「未来の福祉」を、私たちと一緒に創りましょう!!

福祉専門職に求められる3つのWORK

  • ケースワーク

    困難な課題を持った対象者(クライエント)が、主体的に生活できるよう当事者の視点で支援できる人

  • チームワーク

    職員同士の助け合いや相互作用により、組織として課題解決を行い、チームとして目標を達成できる人

  • ネットワーク

    市町村や福祉・教育・医療・保健等の関係機関と協力し、専門的な知見を活かし高めながら、多機関・多職種と連携できる人

勤務条件・待遇

給与 初任給は、経歴その他に応じて、一定の基準により決定されます。
初任給:月額209,400円程度
(令和2年4月1日現在で年齢が22歳、大学卒業後の場合。地域手当含む)
給料の月額以外に、通勤手当、扶養手当、住居手当、時間外勤務手当、期末手当、勤勉手当等の諸手当がそれぞれの条件に応じて支給されます。
職務内容 子ども家庭センター等の行政機関において、相談支援業務等に、又は、社会福祉施設において生活支援業務等に従事します。
(夜間勤務や当直勤務があります。〈一部の行政機関を除く〉)
勤務先 子ども家庭センター等の行政機関、社会福祉施設等(砂川厚生福祉センター、障がい者自立センター、女性相談センター一時保護所、中央子ども家庭センター一時保護所、修徳学院、子どもライフサポートセンター等)
勤務時間 原則として、午前9時から午後5時30分又は午前9時15分から午後5時45分まで(午後0時15分から午後1時まで休憩時間)となっており、土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休みとなります。
ただし、勤務先により、変則勤務や交替制勤務等様々な勤務形態(夜間勤務や当直勤務を含む)があります。
休暇 年次休暇(年間20日。残日数は20日を限度として翌年に繰越します。ただし、採用の年は、4月1日付採用の場合で、年末までの間に15日となります。)のほか、病気休暇、特別休暇(夏期・結婚・出産等)、介護休暇、介護時間、子育て部分休暇及び不妊治療休暇があります。
主な子育て支援制度
産前・産後休暇
出産する場合、出産予定日以前8週間以内から出産日後8週間までの期間内で取得できます。
男性の育児参加休暇
妻の出産予定日以前8週間から出産日後16週間までの期間に、5日以内で取得できます。
育児休業
子が満3歳になるまで休業できます。
育児短時間勤務
小学校就学の始期に達するまでの子を養育する場合、短時間勤務ができます。
子の看護休暇
中学校就学の始期に達していない子を看護する場合、1年に5日(2人以上の場合は10日)以内で取得できます。
早出遅出勤務
一定の要件を満たす場合、勤務時間(7時間45分)はそのままで、子育てのために始業を早くしたり、遅くしたりできます。
上記の特別休暇等の取得にはそれぞれ別途要件、請求手続き等があります。